私の愛用書紹介!

皆さんおはようございます(*^_^*)
ふみゃたんです。

Javaのプログラムをはじめてから1ヶ月くらいですが、かなり色々できるようになってきました!
友人と本のおかげという話をしているとよく
「Javaの本何読んでる?」と聞かれるので今回は私が愛用しているJavaの解説本を紹介したいと思います!

私が普段使っているのは
Java逆引きレシピ」という本です。
というかこの本しか持ってません(笑)
最初に買ったJavaの本がこれでそれが当たりだったので他の本を買うことがなかったんですよね。

私のおすすめポイントは
まず各項目ごとにしっかり例のソースが書いてあることですね。
要所要所に説明も記載してあるので非常にわかりやすいです!
他には基本の基本から結構応用まで載っているところですね。
XMLの使い方やJDBCなどの実装方法まで載ってます。
確かTCPサーバーの作り方まで載ってたような…

そんな私の愛用本ですが、もしこれからJavaを始めようと思った方や、やっぱり本はほしいな~って検討中の方ぜひこの本も候補に入れてみてくださいね!


追記(12月12日):

これから購入する方で初めて勉強を始める方には注意して頂きたいのですが、
P28 12「Javaのデータ型について知りたい」に誤植があります。
double: 浮動小数点(32ビット) float: 浮動小数点(64ビット)と記載されていますが、
正しくはdouble: 浮動小数点(64ビット) float: 浮動小数点(32ビット)になります。

他にも誤植があるようです。
詳しくは公式サイトをご確認下さい。
http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798122380

コメントを残す