【1.8.x-1.10.x】 CustomMotdManager

CustomMotdManager

【機能】
サーバーリストを開くたびに違ったMotdを表示します。
カラーコードの使用に対応、2行表示も可能です。

【コマンド】
/cmm help ・・・ ヘルプを表示します。
/cmm getmotd ・・・ 現在設定されているMotdを表示します。
/cmm addmotd ・・・ Motdを追加します。
/cmm remmotd ・・・ Motdを削除します。
/cmm reload ・・・ Configをリロードします。

【Permission】
cmm.* ・・・ 下記すべての権限を許可します。
cmm.help ・・・ ヘルプの表示を許可します。
cmm.getmotd ・・・ Motdの取得を許可します。
cmm.addmotd ・・・ Motdの追加を許可します。
cmm.remmotd ・・・ Motdの削除を許可します。
cmm.reload ・・・ Configのリロードを許可します。

【Config】

【Github】
https://github.com/fumyatan/CustomMotdManager

【不具合/機能追加要望】
こちらからどうぞ

【更新情報】

DATEVERSIONCHANGELOGMCVERSION
2017-05-13-21-051.0.7リロード時にファイルの編集内容がもとに戻る不具合を修正1.10
2017-04-12-19-251.0.6・reloadの仕様を変更
(ゲーム内とConfig同時編集後のリロードに対応)
・getmotdの表示をカラーコードに対応
・コマンド及び権限ノードを小文字に統一
・cmmを[custommotdmanager]のエイリアスに変更
1.10
2017-1-11-00-001.0.5使用するクラスを誤っていた不具合を修正1.10
2016-12-01-23-151.0.4細部の不具合修正1.10
2016-8-22-15-051.0.3reloadコマンドの実装1.10
2016-8-16-11-451.0.2addMotdをスペースを含んだ文字列に対応1.10
2016-8-2-00-001.0.1First public release1.10
2016-8-2-00-001.0.0-SNAPSHOTPrivate release1.10

“CustomMotdManager” をダウンロード CustomMotdManager-1.0.7.jar – 106 回のダウンロード – 8 KB

Old Version

Copyright (c) 2016 fumyatan
Released under the MIT license
http://opensource.org/licenses/mit-license.php